.

Strong Point

“写真のすぎえの強み”


School Photo

毎年スクールフォトで1,000人以上の子どもを撮影した当社だからこそ。

よく学校で見かけるカメラを持った人。運動会や修学旅行、遠足などについてくるカメラマン。あれがスクールフォトです。

集団になるほど、一人ひとりの違いがしっかり見えるもの。行っている遊び、話している内容。一見意味がないような会話でも、観察することで見えるものがあります。

そんなスクールフォトを小さい子どもから高校生まで毎年撮影している子どもは、1,000人を超えます。その1,000人の中でもスクールフォトでは、通常の写真撮影とは違い全員の写真を撮るのが最低限求められることですから、写真を撮られることが嫌いな子どもにも目を向けます。


では写真撮影が嫌いな子どもに対してはどう対応するか?

まずはその雰囲気を感じて対策をとれるのが当社の強みだと考えており、そもそも初対面の大人に向かっていきなり笑えというのは無理があります。

まずは何気ない会話など、子ども目線に立ち、子どもが慣れやすい環境をつくること。また、子どもが来てワクワクするような店づくりを心がけると同時に、子どもの好きなキャラクターなどを親御さんに聞いておくなどの事前準備も万全に行います。
たくさんの子どもを見ている当社だからこそ、撮れる写真がここにはあります。