.

One Shop

一つのお店で写真を撮り続けるメリットとは?

手軽に、気軽に写真を撮ることができる時代とはいえ、写真館に行くという行為はどこか敷居が高いもの。「値段が高い」「緊張する」「勇気がいる」という声も少なくありません。しかし、毎年同じ写真館で撮影することで、その緊張感はほぐれていきます。

ですがそもそも今は色々な形で写真撮影が行える世の中。その中でも一つのお店で写真を取り続けるメリットとは?
それは慣れ親しんだ場所で撮影することで、撮影される側もリラックスでき、同じカメラマンが撮影してくれる。
そんな時もその家族の人生を知っている写真館であれば、その想いを汲み取ってその時に応じた写真撮影を行うことができます。

Priceless

写真を形に残す意味。

写真のすぎえでは「記念というものは、形で残すもの」という考え方を大切にしています。

形がなくても記憶としては残りますが、形として残すことで、一緒に写っている人たちとの絆はより強まるもの。例えば、結婚記念日に写真を撮ることで夫婦の絆が強くなる。成長するにつれて、子供が反抗期を迎えたとしても1年に1回だけは、みんなで集まって写真を撮る。数年後、その写真を見てみんなで笑う。

ただそれだけでも、家族の絆が強くなる。


記念日は、その日が終わると過去になります。写真は、過去を振り返ることができるもの。動画では見過ごしてしまう、一瞬の表情を捉えて残す。それこそが写真の力であり、人生の節目で写真を撮影することの意味と言えます。

Your Life

あなたの家族と当社も共に生き続けていきたい。

同じ写真館で撮り続けるとお客様に取ってはカメラマンとの間に信頼関係が生まれ、自然な表情をつくることができるというメリットがあります。


写真のすぎえが目指しているのは、何かいいことがあったとき、子供の誕生日や結婚記念日などのイベントの日に「そや、写真屋いこか」と思ってもらうこと。写真のすぎえは、年に数回、家族の暮らしの中にふと入っている写真屋でありたいと考えています。